オパンポン創造社約10年ぶりの新作長編

贅沢と幸福

あらすじ

これは、彼と彼の家族の物語。 幸せになりたいんなら、こっち見んかったらええのに。 どうせこっちの信じるものを否定するだけやねんから。

上演時間・公演日時

上演時間:100分(予定)

【大阪公演/大阪市立芸術創造館】

2022年5月13日(金)〜5月15日(日) 5月13日(金) 19:00   14日(土) 15:00 / 19:00   15日(日) 13:00 / 17:00

【東京公演/調布市せんがわ劇場】

2022年5月27日(金)〜5月29日(日) 5月27日(金) 19:00   28日(土) 15:00 / 19:00   29日(日) 13:00 / 17:00

・チケット 【全席自由】

【発売日】2022年3月31日(木) 12時 一般前売券4,000円 当日券4,500円 U-25券*(25歳以下の方を対象)2,500円 ハンディキャップ割引*(障害手帳をお持ちの方)3,500円 【東京公演・せんがわ劇場限定】 ちょうふしアートプラス会員価格3,500円

*U25、ハンディキャップ割引は前売り当日共に同一料金。ご利用の方は当日証明書をご提示ください。 *車椅子等でご来場の方は、事前にお知らせください。

作・演出

野村有志

出演者

野村有志 浅雛拓 松木賢三(テノヒラサイズ) 中川浩六(三等フランソワーズ) 伊藤駿九郎(KING&HEAVY / theatre PEOPLE PURPLE) 鳩川七海(幻灯劇場) 高橋映美子

主要スタッフ

音響 : 浅葉修(Chicks) 照明 : 根来直義(Top.gear) 舞台監督 : 西野真梨子 舞台美術 : 久太郎(Anahaim Factory) 音楽 : 浜間空洞(小骨座) 舞台写真 : 木山梨菜(三等フランソワーズ) 宣伝美術 : 勝山修平(彗星マジック) 特設サイト : 三村るな 制作協力 : 吉本興業 制作 : 若旦那家康(コトリ会議/ROPEMAN(43))

・団体プロフィール オパンポン創造社 2004年8月、野村有志による1人演劇ユニット「オパンポン創造社」旗揚げ。 全作品の脚本・演出を野村が務め、ペーソスと笑いを融合させ泥臭い人間模様を描くのを得意とし、独自のテンポと間を駆使した台詞で魅せる作品が支持されている。 ・近年の活動履歴 ◆2017年12月 オパンポン創造社「オパンポン★ナイト〜だから、イトオシイ〜」@アトリエS-pace ◆2018年3月 オパンポン創造社「交響曲第九番〜天国と地獄〜」@in→dependent theatre 1st ◆2018年4月 オパンポン創造社「さようなら」@花まる学習会王子小劇場 ◆2019年4月 オパンポン創造社「さようなら」@HEP HALL ◆2019年4月 オパンポン創造社「さようなら」@シアターKASSAI ◆2019年11月 関西演劇祭2019 短編「最後の晩餐」にて参加 ◆2020年9月 ターニングポイントフェス〜関西小劇場演劇祭〜 短編「てんびんぼう」にて参加 ◆2021年2月 オパンポン創造社「オパンポン★ナイト〜ほほえむうれひ〜」@神戸アートビレッジセンター ◆2021年3月 オパンポン創造社「オパンポン★ナイト〜ほほえむうれひ〜」@こまばアゴラ劇場 ◆2021年5月 せんがわ劇場演劇コンクール 短編「サンセット」にて参加 ◆2021年12月 大阪市芸術支援プログラム2021「STATIONtoSTATION〜あなたの駅の物語」短編「サブサブサブ」にて参加 ◆2021年12月 自主映画「さようなら」製作 ◆近年の受賞歴 2016年 第2回演劇トーナメント30GP 優勝  2017年 第十回ルナティック演劇祭 優勝/最優秀脚本賞/最優秀賞俳優賞 2018年 Co Rich舞台芸術まつり!2018春 グランプリ 2019年 門真国際映画祭 舞台映像部門 最優秀作品賞/優秀助演男優賞     関西演劇祭 優秀脚本賞/優秀演出賞 2020年 門真国際映画祭 舞台映像部門 優秀作品 / 優秀主演男優賞 2021年 せんがわ劇場演劇コンクール オーディエンス賞